思い重い憶い

付き合いだしてトータル2ねん。一度距離を置いたときもあるけれど。

もう今更「だいすきー」って気持ちもない。
ただ一緒にいて穏やかとゆう・・・

遠距離になって、月1・2回会えるといいほう。
わたしは遠距離になってからの方が、正直な気持ち、楽になった。
今まで近すぎただけかもしれないけれど。

これって、だいじょうぶなのかな
気持ちが離れてるとかじゃ ないのかな

現にお互いやることいっぱいあって これからもいっぱい
ひとりひとりで幸せな証拠だとは思う。

人はどんなときにこの人とずっと一緒にいたいって思うんだろか・・・
これからふたりはどうしていったらいいのかなあ

もっとかわいい女の子になりたいなあ

だって私「ひとりでもだいじょうぶやろ、おまえは」って、
付き合ってた人に言われたこといっぱいあるもの

そんなことないのにねぇ

今の人はそんなこと絶対言わないの
ただそれだけで いっか

てんしとあくま

謝った者が悪い訳じゃない。

負けたものが弱いわけではない。

遅い者が劣っているわけでもない。

バカと呼ばれるひとがバカな訳じゃない。

また賢いひとが賢いとも言えない。

晴れてたら、雨降って涼しくなってほしいし

雨降ったら晴れてと願う。

暑くなったら寒くなってほしい

寒くなったら暑くなってほしい


私たちはどうやって何かを見つけたらいいの

あまりに日常がしあわせになりすぎたから

しあわせがわからないのかなぁ

誰かを敵に仕立てないと生き方を探せない

誰かの幸せを願うと自分が傷つくときもある

わたしたちはどうやって生きればいい

前よりずっとずっと豊かになったのに

わたしたちは妥協点を見つけようとしてさ迷う

そこにいるばいいのに いるだけでいいのに

何を想おうと何を考えようと自由

だけどあまりに自由になりすぎて自由がわからなくなったのかなぁ

人の自由を死として奪う権利なんて誰も持っていない

自由を保障したいのなら

人の自由は奪えない

それがわからない人を産み出してしまった今

どちらも抱き締めてあげなければならない

何が正しいとか

何が間違っているのか

そうではなく「なぜ」なのか

結果の前に過程を

誰の自由のためにも

与えなければならない

そして存在を抱き締めてあげないとならない

抱き締められるから

人は自由になれる

自由になれる

あい

死がくれる世にも 美しい魔法
今を大切にすることができる魔法
神様 わたしにも死の魔法をかけて
永遠なんていらないから
終わりがくれる今を 愛したいの

不死鳥のように美しい君に
いつか終わりが訪れますようにと
形あるものは いつか壊れるから
僕は君の手をつなぐんだ

確かに、永遠のものには何もできないと思う。
だって今しなくても永遠だからいつだって可能なんだもの。

今しかない今だから愛せるし、何かできるんだと思う。
ほんとに、言いたいのに言えないことを言葉にしてくれる、彼らは。